1月6日(木) 3日目:デルズ市2日目


 デルズ市2日目の朝、スプリングヒル中学校で行われた中高合同朝会で、私たちを歓迎する集会が行われました。

 まずは、アメリカ人中学生による「さくら」の斉唱。声の美しさはもちろん、発音も美しい日本語そのものでした。

 続いて、ホストブラザー/シスターの紹介により、日本人短期留学生や引率者が自己紹介を行いました。

 更には、アメリカ人生徒による吹奏楽の演奏。大人数による演奏は、それだけでも迫力がありました。

 終了後、短期留学生たちはホストブラザー/シスターと共に授業見学。私たちは、スプリングヒル小・中学校の校舎めぐりをしました。小学校と中学校が同じ建物にあるため、図書室にはそれぞれの蔵書がありました。また、日本に関する学習の成果として、お城や三味線、果てはAIBOに至るまでいろいろな模型が展示されていました。

 続いて、チュラ=ヴィスタ=スポーツセンターの見学。パズルみたいなタイル状の床を張り替えることにより、いろんなスポーツに対応できるコートに変身するとのこと。ドーム状の建物は、空気でふくらませているのだそうです。

 この後、デルズ市の教育長さんやロータリークラブ会員の方々と昼食をご一緒し、ネイティブインディアンの子孫が経営する土産物屋さんでウィンドーショッピング。

 スプリングヒル中学校に戻り、ホストマザーに迎えに来ていただきましたが、帰り道に校舎のすぐ近くで野生のキツネを発見! なんかお疲れモードだったのか、地面に座り込んでいました。

 夜、短期留学生の一人がホームシック(?)になったらしく、私のホストファミリー宅に呼んで話を聞いたり、なだめたりしました。なんとか乗り切ってもらわないと...。

 それにしても、デルズは寒い! 釜津田よりもずっと寒いような感じでした。前日に引き続き、体調不良の生徒が2人増えたのが気がかりでした。リンゴジュースとかおかゆとかあればいいのにな...と思っていました。


TOP

inserted by FC2 system